『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2月21日ままキッチン』
久しぶりも久しぶりに
ままキッチンを開催しました
110221_1022~0001
毎年恒例のいずみ会の方に来ていただき
教えていただきました。
でも今回メンバーはメーコッコ初参加の方ばかり
ちょっとドキドキ心配しましたが、
子ども達もあっという間にメーコッコになれてくれて
全然心配いりませんでした
メニューは
たこめし、えびシュウマイ、胡麻和え、さっぱりスープとフルーツ白玉の5品
いずみ会の方が教えてくださるメニューは
普段なかなか作らないものばかりだけど
作ってみようかなと思えるものばかり
おうちでもまたチャレンジしたいです

みんなも楽しんでいただけたかな
また来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
【2011/02/22 22:21】 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) |
『絵本いただきました♪』
100823_1703~0001
東播磨県民局「まちの子育て広場」より
絵本を6冊いただきました。
タイトルは
「よだかの星」
「ぼくを探しに」
「おもちのきもち」
「くまのこうちょうせんせい」
「ころわんがはるみっけ!」
「どろんこももんちゃん」
です。
本棚に入れてますので読みに来てね。
【2010/08/23 16:57】 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) |
『講演会』
神戸で清水真砂子さん(今年3月まで青山学院女子短大の先生)の講演会があり、出かけた。清水さんは「ゲド戦記」の翻訳者としても有名な方だが他に自身の本も有る。
 演題「子どもの文学に描かれる家族」で話をされた。
 この中では僕の日頃の疑問に答えをいただき腑に落ちたことがいくつかあった。先生は日頃女学生と接していて、親子は対立のない者いつも分かり合えるものと考えてる学生がとても多く、そんな自分をいけない人間と思いながらも人に打ち明けられない子がなんと多いことかと思っていた。
 ところが子どもの文学に描かれている家族ではそんなきれいごとではすまされない、よどんだものが多く、むしろ毎日が葛藤でかろうじてほんの一時あるいはほんの数日だけ平和な気分になれるくらいではないか、とご自身の家族体験からも言えるとおっしゃった。
 学生にその話をしたら多くの学生が「ええ~ほんと、ほっとした~」という顔をしたそうです。
 このことは僕の経験からも大いに納得させられた。
【2010/05/31 13:53】 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) |
『2月11日 こどもフェスティバル』
今年も開催されました、子どもフェスティバル
なんと来場者は700名を越えたそうです。
天気の悪い中来てくださって皆様、本当に有難うございました。

今年のメーコッコは積み木、将棋対戦、メーコッコ絵画クラブの絵画展示、フリマと盛りだくさん
私自身はステージ司会で参加させていただきました。
CIMG6079.jpg

そしてきっころさんブースで木育体験をしました。さいころを紙やすりでこすってつるつるにする単純作業ですが
これがヒノキのいい香りで大変癒されました。それをずうずうしく沢山頂いて帰り
今我が家で積み木になり、さいころになりお風呂に入れたりと大活躍してます

みなさんはどんなことを楽しまれたのでしょう?
また来年開催できるといいな~と思います
【2010/02/15 12:12】 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) |
『読書会』
 阪急六甲駅近くの民家で運営されている学童保育「ドングリクラブ」がある。
 ここの代表、安藤さんは肝っ玉母さんでいろいろな活動がなされている。
その1つに主に神大生が集まって読書会が開かれている。
その読書対象に僕の本「ケンちゃん友ちゃん遊ぼうよ」が
選ばれた。これはこの読書会のリーダーである小野さんの勧めで「ケン友」が
選ばれたのだ。11月の例会に著者である僕が呼ばれた。

 この本の合評会を開いてもらったことは有るが
読書会の対象本に選ばれたことは興味津々であった。
当日10数人が集まりまず僕がこの本を発行した思い、
経緯のようなことを話した。どんな形で進められるか
ちょっと分からなかったので
充分用意が出来てなく思いが伝えられなかったのが
少し残念である。
 その後皆さんから感想が述べられた。
それぞれ各人切り口が違っていて面白い。
「ケンちゃん友ちゃん遊ぼうよ」は
僕の欲張りな性格が反映されいろんなことが書かれてるので
心に訴える場所がそれぞれ違うのが1つの特徴だと思う。
僕への質問もいくつかされた。
ここで出て来た感想はともかくとして
こうやって夜大学生が集まって来て真面目な話を
どちらかと言うと面白くない話をすることに
僕は感動した。
今の若者も捨てたもんじゃないと思える。
 本離れが言われて久しいが、インターネットや漫画でなく
ちゃんとした本を読んで、いろいろ思いを巡らせてほしい。
 
【2009/12/17 11:24】 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。