『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『5/17、18 田んぼへ』
この両日は晴天で、白い綿を敷きつめた田んぼはまるでスキー場のようで、きつい日焼けをした。

さて白い綿というのは、昨年から始めたオフトン農法というやつで、今日もこの農法で取組んだ。
このやり方はクズ綿を集めて打ち直し、その綿の間に米の種をはさみ込んでいる。これが1.3m巾でロール状になったものが送られてくる。1本20kg位あり、これをぬかる田に13本も敷き込むのは容易でない。
昨年は田んぼがひび割れするくらい干かしたので、その上を歩くのは楽だったのだが、ひび割れした田んぼはその後の水張りで水が漏れて水位確保が大変だった。それに懲りて今年は水の少し残った田んぼに敷施した。おかげでドロに足が取られ前に進むのに足を上げると「ズボッ」と大きな音がする。それでも元気のあるうちは前に進めたが、そのうち力尽きて尻もちをつくようになってしまった。自分ではなかなか起き上がることが出来ず、翼くんに手を引いてもらうこと3~4回。体力の老化を痛切に感じた。
この農法の良さは、この綿マルチ敷施で、種まき・田植え・草おさえをやってしまえることだ。綿は2ヶ月位は田んぼに残り、その間雑草が生えるのをおさえる。ところが不思議なことに米の芽はこの綿を突き破り上に出てくる。そういうと米の芽は手で押えると硬くてしっかりしている。
ところがである。こんないいことづくめの農法も水位の管理が大変である。うちの弱点は遠距離農法のため、この水管理がままならないことだ。したがって昨年は思ったほどの米はとれなかった。しかし大変おいしい米がとれた。
【2010/05/21 13:18】 農業 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<講演会 | ホーム | 5/16 石釜ピザ焼き>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://meecocco.blog25.fc2.com/tb.php/130-fb7ee26a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。